2006年05月16日

発表!火鍋隊日本代表




う〜ん、何とも壮観ですな。


現在は河北省保定に潜伏、2月にはどら息子などとタイの小島でバカンスを楽しんだ火鍋隊背番号「冬瓜」こと、KATO氏が久しぶりに成都に戻ってきたというんで、わたしに「部活」のお誘いがあったのが3日前。その後はあれよあれよの火鍋好き芋づる方式で、駆けつけたのは総勢10人。


四川大学西門近くから西に延びる領事館路、俗称「高級火鍋屋ストリート」にある「玉龍」が本日の活動の舞台。


「わたしユィロン(玉龍)に行きたいわ」

というmingxizi大姐のお言葉に逆らえるはずもありませんからね。



火鍋好きの集いなら当たり前なんだけど、参加者による全会一致決議によって運ばれてきたのは2つとも紅鍋。つい10日ほど前、火鍋愚弄隊の暴挙になすすべなかった状態(→http://itoyama.exblog.jp/2059080)から比べれば、ほんと


「報われない苦労はない」「やまない雨はない」「正義は勝つ」「最後に(火鍋)愛は勝つ」

だよね。


あっいけない、涙がこぼれそう。
っていうか、もう、うるうるかも(笑)。



そういやわれわれ新歓活動継続中。

せっかくなんでこいつら全て隊(チーム)に取り込んじゃいましょう、と大姐にお願いしてみんなの火鍋的好物を事情聴取。それぞれ勝手に与えた背番号は


ウインナー
鴨腸
エノキ
肥肉
根昆布
香菜
レンコン


これに白菜(わたし)、粉絲(mingxizi)、KATO氏(冬瓜)および本日は参加できなかった「豆腐干」を加えれば、まさに純日本人だけで構成された11人が勢揃いすることに。



そこで

祝!W杯日本代表決定

ということにあやかって、わたしら火鍋隊も急きょ、「炎のイレブン」(懐古主義)を発表しちゃいます。基本4−4−2のシステムなんだけど、フォントサイズの違いによる文字ずれずれなどはどうかご勘弁を。



   鴨腸    肥肉       FW

     ウインナー

  香菜     エノキ      MF
 
      粉絲 
        
白菜 レンコン 豆腐干 根昆布   DF

      冬瓜          GK


火鍋フィールド.jpg

◎参考写真1:ぐつぐつ煮えたぎる地獄のフィールドを縦横に駆け回るのが我々の使命


〈解説〉

攻撃陣は肉好きな面々で構成、その野獣のような攻撃性が期待される。若さと勢いにあふれる両トップに絶妙な球出しをするのはベテラン「ウインナー」。フランス代表ジダンよろしく変幻自在に攻撃のタクトをふるってもらおう。


中盤には「香菜」「エノキ」の中堅コンビをしたがえ、底に御座ましますmingxizi大姐。攻守の切り替えにはいつもこの人の姿。一年近い超遠距離恋愛で磨き上げられたロングフィードはピンポイント。自軍のピンチもいつの間にかチャンスに早変わり。


平均年齢若干高めの守備陣だが、その安定感は抜群。新人の右サイド「根昆布」には積極的なあがりを期待。世界のレフティー、おなじみ「白菜」の伝家の宝刀が煌めいたとき、フィールド上に軌跡が起きるかも(笑)。


ゴールマウスを守るのはプレイングマネージャー「冬瓜」。その一声で9人を集めた人望はゆるぎなく、安定感(安心感)も日系四川人内で比類するものなし。相手FWとの一対一があろうともそのトリッキーな動きで敵を翻弄、チームの窮地を救うのは間違いなし。


火鍋隊総登場.jpg

◎参考写真2:背番号「鴨腸」の前のめり方が何とも頼もしく得点王の期待も高まる



本番でのパフォーマンスを暗示するかのように、この日のウオームアップでは10人で食いも食ったり370数元。飲みも飲んだり雪花(精制)ビール約20本。

特に後半終了間近、両FWによる肉類の追加注文あたりは、古参隊員として「目からうろこ」な出来事。「これこそ勝ちにいける戦力だ」。そう感じましたね。




さて、玉龍スタジアムからおおくりしました本日の「日本代表発表イベント」実況生中継。そろそろお別れの時が来たようです。


解説のソンベン育夫さん、最後に一言。


「老若男女をバランスよく織り交ぜた今回の布陣。まさに世界レベルにあると思われます。はなくそ火鍋愚弄隊など論外。各国留学生代表チームを蹴散らすのはもちろんのこと、火鍋王国『成都』『重慶』の2強時代に終止符を打ち、『三国時代鼎立』のような展開、活躍を期待したいものです」



ありがとうございました

こちらこそ、どうもありがとうございました(大団円)
posted by 牧場主 at 12:48| 北京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食い物、飲み物腹一杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17927422

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。