2005年10月15日

運動会だったんっすね




日本語角的イベントが成都市第二環状道路沿いにある伊藤洋華堂双楠店であると聞き、漫漫来沈没組3人衆は重い腰を


「よっこらしょ」


土曜午後に遊ぶ相手一人もいないという、こちらも悲しき閑学生2人をひき連れ、群れをなし押しかけたわけです。



聞いてたのは、四川大学近くにある中日交流会館で毎月第二土曜午後に開かれている交流イベントの出張版みたいなもんらしい、くらいの情報。


ちなみに先月に会館であった交流会にも顔を出したわたしでありまして、そのときのお題は「お月見」。持論である「月餅はまずい」の話題で貫き通しましたが…。


ちなみに中国上陸ほやほや、一年1カ月前(2004年9月)の交流会にも顔を出したわたしでありまして、その時のお題も「お月見」でした。


当時押しかけた日本人の面々こそ、その後一年間にわたって成都の極めて限られたエリアにて極めて強烈な嵐を巻き起こすことになるふだつきどものあどけなき姿だったようななかったような。


とにかく大王、魔王に石川のどら息子@松坂世代や直立「ノーサンキュー」のシャンフイシャオ、市立大のルパンにへんしゅうちょうなど、さらに恋愛ジャンキーに昭和のパンパンら女性陣も色を添え、とにかく万国博覧会以上の珍品が集まっておりました。なお不快に思われる方がおりましたら、自身の行いが悪かったものだと自省してください(笑)。



それに比べたら今年の成都、穏やかなもんです。
台風前の静けさだったらまたわくわくもんですが…。


それはまた別のお話でした。


本日は何かとお騒がせなヨーカドーでの日本語交流会。
そう、今春には深センとともに反日活動の発信地となった当該百貨店。


反日ヤ.jpg

◎参考写真:話をぶり返す訳じゃないけどいわゆるひとつのメモリー@成都5月



成都や深センなどの動きが引き金となり、北京でも決定的な事件が発生したりもしましたが、反日デモ一万人が首都を練り歩いたその時、山西省で平遥でのんきに世界遺産を拝んでいたわたし。うーん。双林寺にあった毘沙門天像のあの腰の曲線、たまらなかった。


ところがです。

夏休み帰国時には、デモの話を詳しく聞きたがる先輩たちに、「デモあるの知ってたらもぐり込めよ」「お前はバカか」などと極めて優しいお言葉をかけていただきました。「大丈夫か」など一見優しそうにみえて実は薄っぺらいせりふなどいっさいなしです。


そのトラウマがありますから、

ここは何かが発生するかもしれない
らいおんはーとの神社詣でも近づいてるわけだし。

とよこしまな心10%で乗り込んだわけです。



でその読みに違うことなく、1階中央にあった吹き抜けでは大変なことが起こっておりました。


1.隊列を組んで大声を上げる中国人。

2.怪しげな粉をかけられ真っ白な顔になって走り回る姿。

3.目隠しを強制されてどこかへ連行される子どもたち。

4.原形をとどめないほどに飛び散った目玉や耳たぶ、鼻や口。



はい。

そんな感じのミニ運動会でした。

「中秋」に引き続いて今月は「体育の日」だからということで、日本の運動会を紹介するイベント。



子どもたちが続々ステージに上がっては、ダンス(1)やアメ食い競争(2)、福笑い(3、4)などに興じておりました。わいわいにぎやか。


反日のハの字もございません。


すいませんね。

わたしも普通に日本人と中国人がお話しするんだとばかり思いこみ、こんなことが繰り広げられているとは思わなかったもんですから。


イベントは約2時間。
本当ににぎやか盛大に幕を閉じました。
めでたい。めでたい。


これ以上いても仕方ないんで、われわれ最上階のレストラン街でお食事。

みんなは炸醤麺(じゃーじゃーめん)やおかゆなどを、わたしは火鍋味の肥腸粉を食べながら、三遊亭陳のマジボケに付き合いながら、ようやく日中交流スタート。これじゃいつもの日本語角とかわりませんが、アホの指導は本当に面白くてちっとも飽きませんね。


さらには漫漫来、シャオカオ、午前様。門番にまた一元。深々と一礼。


そういや「体育の日」にわたしも何かを決意したはずだったんですが、その後輪を掛けてひどくなっちゃいましたね。


わろとけ、わろとけ。
posted by 牧場主 at 00:00| 佐賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | まちかど歩けば新発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11349913

この記事へのトラックバック

喫煙室は中日交流の場
Excerpt: 会社には喫煙室があります。とは言っても会議室の一つに灰皿をおいているだけですがね。ここには喫煙者の日本人、中国人が集まります。「ニーハオ」「シンクーラ」と中国語の会話がはじまります。私はほとんど話せな..
Weblog: ジョン万中国語
Tracked: 2005-11-23 12:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。