2008年08月08日

前門いまだ幽霊的城市



オリンピック開幕を直前に控え、中国、とくに北京ではすべての面においてオリンピックを中心に物事が進んでいる印象があって、それは全体主義国家中国の面目躍如といったところ。


新しい地下鉄の開通や料金の値下げ、道路の整備といった市民生活にプラスになることだけじゃなく、治安強化を目的にした地下鉄の荷物検査の強化、流入人口の抑制、排除などなど、とにかく「五輪のために」という旗印のもと、上意下達のおふれがじゃんじゃんと流れてくる。


極端な話、北京の街は一時たりとも同じ姿を留めず、日に日にその姿を変えている印象すら感じるわけですよ。



昨日は昨日で、

「五輪の開幕日は北京の会社や役所はお休みっ!」

というニュースが新聞の一面を飾っていました。おいおい、2日前に発表するようなことじゃないんじゃないの(笑)



さあ、そんな北京における本日の「老百姓(一般庶民)注目ニュース」は

「前門大街開街(前門ストリート改装オープン)」

に尽きるでしょう。


前門大街といえば、


前門1930年.jpg
参考写真:天安門広場の南側を南北に延びる清代末から続く伝統ある通り

で、北京ダックの「全聚徳」や焼売の「都一処」などいわゆる老字号(老舗)も軒を連ねる商業街。


下町の名残りを保ちつつ、バックパッカーにも優しい宿もあったりと、わたし的にも頻繁に利用していた地域なんだけど、およそ2年前から地区再開発の名の元、大規模改装が始まりました。


まずは大通りから派生する無数の胡同(フートン=路地)たちが封鎖、当然そこに住んでいた人たち、商売をしていた人たちは立ち退きを命じられ、封鎖寸前の路地の様子はまさにゴーストタウンでしたな。


そして大通り本体も一年前には「保護修繕」作業が始まり、完全な立ち入り禁止区域となり、オリンピック開幕前日となる本日、ようやくその封印が解かれることとなったのでした。


1920,30年代の通りの様子を忠実に再現、さらにApple Storeも入店という情報も以前ネットで見聞きしていたこともあり、前門を愛する「老百姓」の一人として再会を心待ちにしていたわたしも、その姿を拝みに行ってきたわけです。


前門2008.jpg
◎参考写真:おうおう、にぎにぎしいかぎりですな


全聚徳の前にも都一処の前にも、一条龍羊肉館という羊肉レストランにも長蛇の列。残念ながら「食べ初め」はまた今度にするしかないね


と、ウキウキウォッチングを続けたいところだったのに…



薄っぺらい日本人の予想をやっぱり裏切ってくれるのは、中国やインドを好きになってしまった大きな理由の一つでありまして、一キロ近くはあろうかという前門大街において営業をしていたのは14店。


当然アップルストアも見あたらず。


というかこの14店以外、開店が間に合わなかったとかいう以前の話。


前門2008店.jpg
◎参考写真:開いてる店は繁盛。でもその他建物は通りにびっしり並んではいても中は完全ながらんどう


陳列前の商品や開店準備に追われる関係者の姿もなく、つまりは何の店が入るのかさえ全く分からない。



当日の夕刊紙「北京晩報」によれば、「全体の建物の75%の契約はすでに成立済み」(同地区管理委員会責任者談)ってことらしいんだけど、それにしてはお寒いこと甚だしいんじゃありません?


元々この通りには個人経営の商店なども多かっただけに、賃料高騰による不動産の不良債権化も気になってしまうし、なによりも以前の賑わいを本当に取り戻すことができるのか。


人出自体は午前9時の段階で7000人(同紙)あったとしても、やっぱり街の活気ってのは商売が盛んに行われてこそ生まれてくるものでしょう。はたして本日訪れた人たち、何かに満足して帰ることができたのだろうか。


「人はうじょうじょだけど、いまだにゴーストタウン(幽霊的城市)」

それがわたしの感想でした。



あっ、そうそう。前門大街は人出が1万人を超えると入場制限をするみたいなので、もし興味を持った人がいたら、どうぞお気をつけくださいな(笑)

posted by 牧場主 at 13:02| 北京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | まちかど歩けば新発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

色んな事がありまして

みなさま:


タイトルの通りでございます。

諸諸雑多な理由によってネット上から姿をくらましていた牧場主が、諸諸雑多な理由によって復活しました。


それも伝説の「チベット☆OK牧場」が産声を上げたseesaaからの再出発です。


こちらでは都合2年以上もブログを放置(熟成)させてたわけだし、相当ゴージャスな姿でもって登場せねばならないのでしょうが、ブランクとは全くもって言い得て妙な言葉。


所有者専用画面への入り方からデザインの変更、記事のアップロードに至るまですべては手探り状態、つまりは完全なブランク(白紙状態)に陥っておりまして、皆さんをうならせる文章など逆立ちをしても出てきません。


だからブログ名はひねりもなしに「日中蔵印☆OK牧場」。考えるのも疲れました(笑)



もしかしたらみなさん気になってるかもしれない「諸諸雑多な理由」については今後少しずつ披露していくつもりですが、とりあえずは2006年07月15日の日記「今回は長目に中国拝拝」にあるように、気がつけば今は北京オリンピック前前夜。


いちおうは「公約」通り北京におります手前、


相変わらずの三十路ぷー太郎、間もなくニート設定年齢すら終了寸前の牧場主が、足下浮きまくりで妙に危なっかしい北京の街から何かをお伝えしようと思います。はい。


井上亭.jpg
◎参考写真:2年の空白はやはり長い。北京には本格博多ラーメンも登場!
posted by 牧場主 at 21:27| 北京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 他にもまだこんなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

衝撃の無期限休養宣言




みなさま:


気が付けば我が心の故郷、ヒマラヤを越え、インドの首都・デリーくんだりまで来てしまいました。わたしのちゃらんぽらんな留学生活はまだまだ続くわけですが、とうぶんはあの空蒼く雪白き天上国に戻ることはないはず。


ってなわけで、この7月をもちまして「チベット☆OK牧場」は閉店休業いいたします。


これまでこの日記をのぞいてくれてたみなさん、どういういきさつでご縁ができたのかは分かりませんが、一年余りのおつきあい、どうもありがとうございました。


今後は「新デリー☆OK牧場」(http://itoyama.exblog.jp)に引き継ぐつもりですが、例え個人のぼやき日記でもそれなりのインプット期間は必要。

こちらの生活にも慣れ、ネタも十分にそろえた上で、華麗にバージョンアップ、ランク外からいきなりのトップワン再登場を狙うつもりです。


それまでは不定期ぼちぼち更新で延命措置を続けてるでしょうが、やまない雨はないし待てば海路の日和あり(意味不明)。長〜い目で見守っててくださいな。


〓〓OK????.jpg

                      2006年8月吉日 牧場主
posted by 牧場主 at 00:00| 北京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他にもまだこんなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

豚の足でヒールに乾杯




もう明日には日本おさらばしなきゃいけないこのタイミングがおとずれるまで、あやうく忘れかけていた大切なもの。それは豚足。


そうね、そげんね。
最後の最後まで食いもんね。
他に考えることはなかとかね。


ってな具合で豚足文化圏(そんなもんあるとすれば、だけど)に生まれなかったかわいそうな人たちがいっせいに眉をひそめてそうだけど、


わたしも熊本で仕事をするまでは、この豚足、酒席の第一回選択希望選手どころかドラフト外入団候補にも入ってなかったわけ。


だけど、

熊本で地元のお得意さん(笑)や同業者たちと夜の交流を深めるにつれ、豚足を筆頭にした馬刺しや地鶏の炭火焼きまでひっくるめた南九州の味ってやつの奥深さにも惹かれていったわけ。


もちろんそれらはすべて地元本格焼酎とのコンボ・メニュー。それも結構なバリュー価格。
ああ素晴らしきは地域伝統の味。あとは病みつきになるのも時間の問題だったとさ(笑)。



で、わたし的には豚足こそがキング・オブ・ベスト。


表面はニンニク風味にかりっと焼き上げ、内部はじっくり火を通した独特のねっとりはちきれそうなゼラチン質。

これを酢じょうゆ系のさっぱりしたタレ&ユズ胡椒につけていただくわけなんだけど、香ばしさと濃厚さのバランスが絶妙だし、最後まで存在感を主張続けるねっとり成分にはそれこそ焼酎の出番。ロックか水割りの冷たい液体で口の中をすすぐと、これまた最高に爽快。



さらに単にうまいだけじゃなく、某地方テレビ局の女性アナウンサーさんが


「豚足食べた翌日のテレビ映りは全然違うとよ」


と驚きの美肌効果を語っておられたくらい、コラーゲンぷりぷりのすばらしき豚足。
見た目だけで「食わず嫌い」してる人たちよ、ほんっと


食い改めよ!

といいたいね。



で、最後の一夜は、これまた熊本つながりでほんとに繋がっちゃった同期のティエンチエン夫妻と「豚足づくし」の宴。


連れて行ってもらったのは福岡市中央区今泉、古民家の外壁をショッキングピンクで塗り直した「新・美肌促進食堂 燈・巴家枇(ひみやび)」(www.himiyabi.com)という名の変わったお店。



女性客をかなり意識した店らしく、単に雑誌で紹介されるような「隠れ家的なお店」っぽい内装だけじゃなく、トイレには石けんやティッシュ、綿棒などのほか、まるでここはシティホテルですか?ってくらいアメニティー充実。替えのストッキング(無料)まで備え付けられてました。


で、実際繁盛してるのよ。じっさい。

「美肌」を全面に打ち出してるだけに女性の占有率も3分の2くらい。


そんでもってみなさん、美の追究のために何をかぶりついてるのかというと


????1.jpg

◎参考写真:豚足の塩焼き、豚足の煮付け。ふむふむ、まあ定番やね


で、

豚足サラダ

豚足のカルボナーラ

豚足の○○

豚足の○○


それって必要かい?


と思えるほど、強引な組み合わせもあったりするけど、とにかくわれわれもこの流れにはあえて乗っからなきゃいけないわけで、注文メニューのうち豚足がからまなかったのは刺身の盛り合わせくらい。

これは、ね。さすがに無理でしょう(笑)



まあ色々バリエーションはありつつもやっぱ重要なのはベーシックな「焼き」のお味。

ズバリ、中の上。かなりいい線。


熊本で地元の豚足通に連れてってもらったとっておきの店に比べると一翻落ちるのは仕方ないとして、福岡でこの味が食べれるんだったら上等でしょう。

バリバリ熊本娘、ティエンチエン妻も納得されてましたことだし。



ところで豚の足骨にかぶりつき酒をあおりながらも、ちゃぁんと最近の同期連中の動向や社内事情の取材も忘れません。


会社をおいとましてから早2年。

四川→北京→四川→チベットとかなり密度の濃い七百数十日間をすごせたって自負はあったんだけど、時間はやはりわたしの周りだけを回ってるわけじゃあないよね。みんなの前で平等です。


あっちで繋がり、こっちじゃ離れ、向こうで生まれて、あさってに飛ばされ…

みなさんそれぞれに色んなご経験、イベントを悲喜こもごも繰り広げられてるようで、まあいろいろあるわな。人生劇場の主人公たちはそれぞれに活躍しております、嬉しいかぎり。



さすがにもうお腹も脳みそも満腹、これ以上は詰め込んでも消化不良になるのがオチ。

どうやらお時間が参りましたようで…
本当にみなさんごちそうさまでした。
posted by 牧場主 at 00:00| 北京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食い物、飲み物腹一杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

今帰省のおとしどころ





日本では胃袋を満足させる以外にもやらなきゃいけない「おつとめ」が多いわけで、外国生活を日本人として楽しむためにいつの間にか身に付いちゃった「生活の知恵」こそ、帰国時のレンタル屋さん詣で。それも


詣でてもうでて、もう出てって

といわれるくらい。


とにかく目についたCD、DVDはピックアップ。半年間の総合チャートのコーナーなんかがあった日にゃ更に大変。ビックリマンチョコ箱買いするくらいの勢いで借り物カゴにどしどし放り込みますね。

そんなに節操なく音楽聞くような人じゃなかったんだけど…、昔は。



たぶん、それもこれもデジタル全盛時代のおかげ。


だってよ、わが愛すべきPowerBookG4(カイラスコルラ済み)を経由するだけで全てが「わたしのもの」になってしまうわけだから、やはり世の中には感謝すべき。jobsはいい仕事しております。



これまでの帰省に比べてかなり忙しく動き回ったせいでいつもほどの収穫はなかったものの、なんとか手元に残ったものはというと



B'z
MONSTER
BREAK THROUGH

BUMP OF CHICKEN
ユグドラシル

HY
Confidence

KAN
Best Singles FIRST DECADE

THE HIGH-LOWS
FLASH〜BEST〜

ケツメイシ
ケツノポリス4

サンボマスター
僕と君の全てをロックンロールと呼べ

山崎まさよし
ADDRESS

レミオロメン
HORIZON


はい、でました今回も。究極の脈絡のなさ。

女性陣がいないのは単なる偶然。ケツメイシ、レミオロメンなんかは初めまして。思いっきり時流に乗らせていただきました。KANにいたってはなぜ借りちゃったんでしょ。



まだ全部の曲を聞けたわけじゃないけど、いまんとこベストは「青春」byTHE HIGH-LOWS。
やっぱいいねぇ。ただそれだけで素晴らしい。


????????±??.jpg

◎参考写真:ご破算で願いましてはiTunesのライブラリはこんなにお腹いっぱい




あと、映像もので「ダウンタウンのごっつええかんじ1〜7」。


いつものように映画の棚を何往復もしながら面白そうな作品をじっくり選ぶ暇もなく、新作コーナーに大量に置かれていた「ごっつ」を一点借り。


DVD7枚分をおとすのはそれなりに大変だったけど、やっぱインド人の天然のシュールさにまいったとき、最高の気分転換になるのはメイド・イン・ジャパンのお笑いでしょう。


日曜8時、リアルタイムで「ごっつ」を見てたのはいつのまにか、もうかなり昔のできごと。

でも10年経っても色あせない笑いを提供してくれるはず。きっと。合計7時間以上、じっくり楽しませてもらいますわ。
posted by 牧場主 at 00:00| 北京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他にもまだこんなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

長い長〜い佐世保の夜




日本列島東へ西へ、さすらい続ける旅がらす。

ようやく鳥栖の実家まで戻ってきたものの、われらが九州、もう少し西にまで進める余地があるようで、本日はホントに西の端っこ、長崎県は佐世保市に「出張」。


この佐世保という町。

おいちゃんおばちゃんたちはなぜか「させほ」と言います(豆知識)が、この町はかつての会社の同僚、入社はわたしがちょい早かったけど年齢は向こうがちょい上で、まだ今のところ勤め人のレールに乗ってらっしゃるイェシャンという大物のテリトリー。


大物にふさわしく金払いもいさぎよい彼に丸抱えで甘えるため、片道たった2時間程度の距離なのにこっちもリッチに特急利用。潮の香りとアメリカさんの香りが混ざりあったオンリーワンな港町、佐世保の空気を十二分に堪能することになるのでした。




「とにかくうまい魚食わせてくださいよ」


最初っからおごられ前提で突き付けたわたしの要求にイェシャンが応えた店こそ、日本一長いアーケード街の入り口左手にある居酒屋「ささいずみ」。


西海一の魚を食わせる地元じゃかなり名の知れたとこらしく、2階建てでかなりの広さなのに、事前電話して辛うじて1テーブルだけ空きがあったという人気ぶり。


酒は酒屋からの卸価格で、客が瓶ごと買い取りってシステムらしく、飲みきれなかったら当然ビンは持って帰らなくちゃいけないとのこと。とにかく「うちは魚を売ってるんだからそれ以外の儲けは不要」という心意気のすばらしい店らしい。


イカ、カワハギ、アジは刺身で。

刺身じゃ食えない部分もイカは天ぷら、アジは唐揚げに。

さらにイイダコの煮付け。

塩焼きも忘れずブリカマで。

アサリのみそ汁はアルコール漬けの肝臓にしみます。


とにかくこれが「今生の食べ納め」だと思うくらい、あらゆる調理法で新鮮すぎる海の幸をいただきつくした至極の約2時間。これでふたりで8000円ぽっきりなんだからたまらんね。



??Т??.jpg

◎参考写真:そして、夜の佐世保に繰り出していった我々でかいのふたり



佐世保といえば近年まれに見る勢いで佐世保バーガーブームでしょ


ちゃんと胃袋にハンバーガー用のスペースだけは残し、「ささいずみ」の次に市中引き回しで連れてかれたのがブルースカイというハンバーガー屋さん。


夜中から明け方にかけてのみ営業するというにわか観光客などどこ吹く風、地元っ子や酒飲み連中だけを相手にし続けるある意味硬派な店。

究極的におばちゃんに愛想がないところも通にはたまらないポイントの一つか。
チーズバーガーはまさにとろける味でございました。




つづいては「外人バー」。

生まれて初めて入った外人だらけのお店。

もちろん外人って言っても中国人だらけとか、インド人だらけってのは珍しくも何もないわけで、こちらにいらっしゃるのは佐世保のアメリカ軍基地で働く海兵隊の方々ばかり。


佐世保じゃいわゆるアメリカさんたちが集まる店を「外人バー」っていうらしいのね。


本日は彼らのお仲間一人の帰国が決まったとかで、さよならパーティーの真っ最中。そんなとこに入っちゃったもんだから、うるさいのなんのって。ただし、2年ぶりくらいに飲んだギネスビールのは最高にうまかったね。やっぱ大人の味よ。



続いても外人バー。

フィリピンからやってこられたおばさんに近い世代のお姉ちゃんたちが店内のあちこちで水兵さんたちと仲よくツーショット。それにしてもマリーンの方々、カラオケ下手すぎじゃないっすか。おっきい声だしゃ許されるようなカラオケは中国人と同じですよ。



続いても外人バー。

一軒前から小道はさんだ向かいのお店。だったら移動しなきゃいいんだけど、本日のホストは名実ともに超太っ腹。


「色んなお店を見せてやるから、見ときなさい」


と連れ込んでくれたわけ。


ただしこの店も帰国祝いパーティーの余波で、イェシャンお勧めマスターのいるカウンターには座れず。端っこでウイスキーを「かこっ」とあおって早仕舞い。




流れは続いて今度もカウンターのある店。


ろれつの回っていないところなんか、アル中のふりするのが実に上手(笑)。そんな50、60歳のおばちゃんたちがカウンターの向こうにいらっしゃるような「That's ディープ」な雰囲気。


わたしら以外にお客はちらほら。
日米の割合は半々くらい。


それにしても我々、焼酎をちびりちびり舐めながらなんか座ってたんだけど、一体何の話をしたんでしょう。


…まったく記憶がありません。

たぶん覚えてても字にできる話は何もないのかも(笑)。


とにかくショッピングピンクの服着て髪の毛カール巻いたままのおばちゃんが、体重3桁に迫らんとするイェシャンの巨体をおんぶしようとしていた光景だけがいまもまぶたに焼き付いてるわたし。収穫はそれだけ




で、今何時?


イェシャンさん明日朝から仕事あるんでしょ。いがぐり頭のフレッシュな高校生たちとふれあえるフレッシュな仕事が。



ほんっと、ゴチになりました。勉強になりました。


だから早く眠りましょう。

もうまぶたが重くてたまりません。
posted by 牧場主 at 00:00| 北京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと思ったこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

福岡でも火鍋隊っタイ




とうとう面子が勢揃ってしまいましたよ、福岡火鍋隊。


よおく考えてみりゃ、

辛さには基本的に縁のない日本食にあって辛さ調節はすべて食い手側の好みにおまかせ、赤唐辛子どもをニラという名の超山盛り緑のキャンパス上に思う存分にまき散せる料理こそ、博多名物の「もつ鍋」。


そう、

バブル時代に一躍全国区になったものの、失われた90年代以降、またもローカル料理の枠にスポっと落ち着いたという博多名物の「もつ鍋」。



そんな辛くて本能的な鍋を好んで食わっしゃる福岡・博多の町なんだから、おなじく地元人たちは「辛くてヘルシー」を盲信している四川火鍋の愛好者団体、火鍋隊が組織されるのも当然の成り行き。むしろ遅すぎたくらい。



記念すべき設立総会はもちろん、一週間前にもお世話になった中国大明火鍋城。


「インドに行く前に一度火鍋城の火鍋が食べたかった」


火鍋の最終局面まで鍋底に埋もれてたウズラの卵最後の1個を奇跡的にすくい出すかのように、某火鍋隊老北家のわがまま独り言を絶妙なタイミングですくい取っていただいたのが火鍋隊モモレンジャー。


さらにその一声につどいし剛の者2人。

発起人の彼女を福岡火鍋隊東家だとすれば、そっからは座席順に時計回り。南家さんは中年の渋みを効かせまくりのご意見番。西家さんにはキカイダーのように一度はギターを背負って颯爽と登場してほしいな、と。


で、こっち側の準備は万全。


向こうもただならぬ雰囲気を察したみたいで、早速運ばれてきました。
赤と白のコントラストが美しい鴛鴦(おしどり)鍋と肉類、野菜類に分けられた3人前の食材たち計6皿。


??????????.jpg

◎参考写真:テーブルがきれいすぎという欠点(笑)以外はかなり本場チック



もちろん有無を言わさず食べ始めます。
生煮えだろうと構いません。


ただし、

義理と人情を大切にする九州男児としましても、やはり元祖火鍋隊なわけですから、そこは是々非々で臨まざるを得ないのであります。


辛いよ、ほんっと辛い。(※からい、つらいどっちで読んでもOK牧場)


最大の相違点。


火の通った具を取り皿に移せばそのまま食べちゃいます


ってとこ。

先の大阪火鍋の集いにて、帰阪中の本土火鍋隊員にぼろカスに言われた香油(つけだれ)の類は一切なし。それはそれで潔いって見方もあるんだけど、


紅鍋から具を取出してそのまま口に入れてもむせかえらない紅鍋っていったい…


って思うのは大脳の奥の奥まで火鍋色に染められちゃった火鍋ジャンキーのセリフ。
店側としては紅鍋の具を直に食べても何とか耐えられる辛さ加減に調節するのが一番の苦心した点もしれないんだし。



そのほか、些細なところで数ポイント。


ウズラの卵、入れてほしかった。

キノコ類。エノキより肉厚な種類の方が…

シラタキ。同じメンなら歯ごたえ重視の粉が手に入らなかったか。

白菜、入ってる。嬉しかった。

貝柱。四川じゃ味わえない味。うまいっす。



で、今後、私的な改善点をあげるとすれば、


注文する段階で「特辣」「中辣」とか言ってればある程度辛さの調節は可能かも。あとは香油まわり。ごま油とニンニクのみじん切り、それに付随する香菜とカキ油。事前に相談、お願いするか、ダメなら持参すればいいじゃない。

あんまり極辛組織のわがまま行動で店自体の味を変えてしまうのも悪いしね。


ただ、美味しいからこそ意見を出す価値がある、という火鍋城LOVEは永遠に不滅です。



さて、このメンバーの元祖火鍋隊よりすごいところ。

更に一品料理の追加注文がいっちゃいます。いっちゃってました。担々麺も最後は紅鍋に入れてくっとったし…


それでいて各人4000円。

しかも次回につながる焼酎キープもちゃんと残してるからそつもない。


もちろん、火鍋隊老北家が天竺から奇蹟の復活を果たすであろう一年後まであの瓶が残ってるとは思っておりません。わたしは設立総会を開いていただいただけでもう大満足。あとはみなさん、ご自由に隊活動を楽しんでくださいな。
posted by 牧場主 at 00:00| 北京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと思ったこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。